ウエイト部:山本真鼓さん優勝、山門正宜君3位

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANには様々な形で活躍する学生がたくさんいます。今回は第79回全日本ウエイトリフティング選手権大会・第33回全日本女子ウエイトリフティング選手権大会にて、本学の山門正宜さんが3位入賞、山本真鼓さんが優勝した様子をレポートします。

第79回全日本ウエイトリフティング選手権大会・第33回全日本女子ウエイトリフティング選手権大会

 

5月24日から26日に岩手県奥州市にある江刺中央体育館で行われた「第79回全日本ウエイトリフティング選手権大会」においては本学大学院生の山門正宜さんが81kg級で3位入賞しました。また「第33回全日本女子ウエイトリフティング選手権大会」にて、本学大学院生の山本真鼓さんが64kg級で優勝しました。

今大会の成績

 

第79回全日本ウエイトリフティング選手権大会
81㎏級 山門 正宜
スナッチ144㎏(4位)クリーン&ジャーク 177㎏(3位)トータル 321㎏ 3位入賞

第33回全日本女子ウエイトリフティング選手権大会
64㎏級 山本 真鼓
スナッチ95㎏(1位)クリーン&ジャーク118㎏(1位)トータル 213㎏ 優勝
また、山本さんにおいては、スナッチ3本目に日本新記録である97㎏に挑戦しましたが惜しくも失敗しましたが、トータルでは日本タイ記録である213㎏の結果を残しての優勝となりました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。