「愛情教育、この指とまれ」番外編『名産大4年生、就活成功物語』その3~三重日野自動車㈱に内定、村田夏歩さん~

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。平成29年9月から連載が開始された「愛情教育、この指とまれ」は、おかげさまで連載700回を達成いたしました。この度、その番外編として、「愛情教育+職業教育=実践教育」の成果を受けて、みごとに内定を果たした4年生に、昨年同様インタビューをしました。聴き手は竹澤伸一教授。「その3」は、トラック・バス販売大手の三重日野自動車㈱から内定をいただいた村田夏歩さんです。

三重日野自動車㈱から内定をいただいて、今の心境はいかがですか?


村田夏歩さん(三重県立四日市商業高等学校)

「就職先が確定してほっとしています。考えてみれば、バスは部活動の遠征の際に、いつもお世話になっていましたし、トラックは、高校で柔道をしていた時に、トラック本体ではなくて(笑)タイヤを、トレーニングで引いていました。いつも自分の身近にあったバスやトラックを、様々な事業所に、BtoBの営業職としてご提供します。不思議なご縁を感じています。

一番苦労した点は何ですか?
やはり履歴書を作成するのに苦労がありました。名産大でウェイトリフティングと出会い、日々の練習と大会出場で、自分を鍛えてきました。しかし、いざ自己PRとしてまとめようとすると、うまく行きません。でも多くの教職員の皆さまからご助言をいただき、自分を表現することができました。

入社した後で、一番やってみたいことは何ですか?

各事業所にご提供するバスやトラックは、すべてオーダーメイドなのです。そこで営業職として、顧客の皆さまからのニーズをつかむ必要があります。実は、三重日野自動車としては、女性の営業職採用は初なのだそうです。ですから、女性の視点・目線からのご提案ができればと思っています。

内定が決まった時、ご家族の反応はいかがでしたか?

日野自動車と言えば、業界大手です。そこに合格できたので、家族は大変喜んでくれました。しかも実家から通えるので、安心して応援してもらえると思います。

自分にとって就活とは何でしたか?

高校を卒業する時、事務職として就職しようかなと思いました。しかし名産大に進学すれば、もっと大きな道が開けるかなと思いました。そして実際、そうなりました。大卒なので、営業職という、人と積極的に関われる総合職に就くことができました。初の女性営業職として、チャレンジしていきたいと思います。

村田さん、ありがとうございました。女性目線の営業、期待しております。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。