授業紹介:地域ビジネス論 勝木誠さま

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの授業を紹介する「授業レポート」。今回は今永典秀先生の「地域ビジネス論」の授業で外部講師にお越しいただいた様子を紹介します。

企業で実際に働くことについてより具体的に

今永先生の「地域ビジネス論」では、地域活性化・地域の課題を解決するために、実際にどのような企業や団体・行政があるのか、その具体的な中身を知ることを目的として、外部講師の社会人を招いた講義を実施しています。今回は、株式会社オールハーツ・カンパニーの勝木誠さまをお招きしました。

仕事を通した経験から

勝木さまは大学卒業後、外資系コーヒーチェーンでの勤務を経て、現在は管理部で採用や研修、人事制度の構築に携わっています。
これまで学生たちは講義でも組織やリーダーシップに関して学習しましたが、企業で実際に働くことについてより具体的にお話いただきました。
特に、「人事の視点」「キャリアコンサルタントの視点」「社会人の先輩の視点」の3つの視点から世の中の変化や会社が求めている人物像について、お仕事を通した経験からわかりやすくお話いただきました。学生たちにとっては、企業や組織で働くことの意味や意義について理解が深まる内容になりました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。