授業紹介:地域ビジネス論 田村喜彦先生

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの授業を紹介する「授業レポート」。今回は冨田裕平先生の「地域ビジネス論」の授業で外部講師にお越しいただいた様子を紹介します。

地域活性化・地域の課題を解決する

「地域ビジネス論」では、地域活性化・地域の課題を解決するために、実際にどのような企業や団体・行政があるのか、その具体的な中身を知ることを目的として、外部講師の社会人を招いた講義を実施しています。今回は、社会保険労務士の田村喜彦先生をお招きしました。

働き方改革と私たちの将来の働き方について

 

田村先生には「働き方改革と私たちの将来の働き方について」をテーマに講義していただきました。自分たちが今後働くために必要なことや、最低限知っておいた方が良いことについて説明をしていただいたほか、途中でセルフワークやグループワークを取り入れながら、今自分たちが何をすべきなのかを田村先生も交え考えていきました。
学生たちは「普段は関わることができない専門家のお話を聞け、いい経験ができた」と語っていました。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。