「愛情教育、この指とまれ」番外編『名産大4年生、就活成功物語』その9~㈱あきんどスシローに内定、山内涼雅くん~

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。平成29年9月から連載が開始された「愛情教育、この指とまれ」は、おかげさまで連載700回を達成いたしました。この度、その番外編として、「愛情教育+職業教育=実践教育」の成果を受けて、みごとに内定を果たした4年生に、昨年同様インタビューをしました。聴き手は竹澤伸一教授。「その9」は、「うまいすしを、腹一杯、うまいすしで、心も一杯。」を使命とする㈱あきんどスシローから内定をいただいた山内涼雅くんです。

㈱あきんどスシローから内定をいただいて、今の心境はいかがですか?


山内涼雅くん(愛知・菊武ビジネス専門学校)

自分の直感なのですが、最終面接まで行く自信はありました。履歴書には自分の思いが十分に書けましたし、個人面接でもそれを伝えることもできました。グループ面接を経て、いよいよ最終段階はグループディスカッションです。ご存知のように、グループディスカッションには正解はないので、とても不安でした。そして、運命のお電話が。内定と伺って、一気に安心感が広がりました。

一番苦労した点は何ですか?
㈱あきんどスシローは、『心も一杯』を大切にする企業です。ですから、最終段階のグループディスカッションでも、スタッフの協調性を大事にするのではないかと考えました。でもそれを表現するのでも、これが正解という言葉はないと思うのです。ですから、どういう言葉を選んで思いを伝えるか、何度も何度も自問自答しました。

入社した後で、一番やってみたいことは何ですか?

お店の司令塔としての、自分の店長像を、しっかり追求していきたいと思います。そのためには、できるだけ早く業務に精通して、従業員の皆さまと良い関係を築きたいと思います。アルバイトを通して、自分の中に理想とする店長像はあります。お店を動かしていくという充実感を、しっかり感じながら進んでいきたいと思います。

内定が決まった時、ご家族の反応はいかがでしたか?

父母も、妹も、そして祖母も、心から祝福してくれました。『心も一杯』を追求する会社に入る前に、自分自身が、心が一杯になりました。それから、色々つながっている友人の皆さんも、やはり喜んでくださいました。本当にうれしかったです。

自分にとって就活とは何でしたか?

就活は、ご縁と運命のような気がします。自分が、どういう仕事に向いているのか突き詰めていった時に、ピンときたのが㈱あきんどスシローでした。そこで、インターンシップに参加し、ますます確信を深めました。結果的には、ほぼ1点絞りに近い就活となりましたが、その強い思いが、ご縁につながったと思っています。

山内くん、ありがとうございました。愛されるお店づくりができることを祈っております。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是⾮お越しください。お申し込みはこちらから。