愛情教育、この指とまれ」番外編『名産大4年生、就活成功物語』その10~住友林業ホームサービス㈱に内定、小島賢寿くん~

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。平成29年9月から連載が開始された「愛情教育、この指とまれ」は、おかげさまで連載700回を達成いたしました。この度、その番外編として、「愛情教育+職業教育=実践教育」の成果を受けて、みごとに内定を果たした4年生に、昨年同様インタビューをしました。聴き手は竹澤伸一教授。「その10」は、お客様第一主義の不動産トータルサービスを手がける住友林業ホームサービス㈱から内定をいただいた小島賢寿くんです。

住友林業ホームサービス㈱から内定をいただいて、今の心境はいかがですか?


小島賢寿くん(新潟県北越高等学校)

第一希望の企業だったので、素直にうれしかったです。他業種と二択で考えていた時期もありましたが、住宅は一生に一度の買い物という重大なものなので、ハウスメーカーを選択しました。その中でも、住友林業ホームサービス㈱は、お客様第一主義を掲げたすばらしい会社なので、やりがいMAXの状態で、入社を楽しみにしています。

一番苦労した点は何ですか?
サッカーを中心に学生生活を送ってきたので、業界研究と言われても、最初は戸惑いました。しかし、就活ナビ等にヒントを得て、ハウスメーカーに絞った後は、説明会に、とにかく足しげく通いました。数十社は回りましたね。苦労と言えば苦労ですが、フットワークで乗り切れたと思います。

入社した後で、一番やってみたいことは何ですか?

ずばり、新人賞をねらいます。宅建の資格を取り、契約による売り上げが一定額を超えると、新人賞がいただけるのです。不動産仲介をするためには、宅建の資格はマストなので、必ず越えなけれならない関門なのです。ですから、どうせやるなら新人賞という意気込みです。そして、もちろん、現在も宅建の
勉強中です。

内定が決まった時、ご家族の反応はいかがでしたか?

私の家族は、皆、一様の反応でした。第一希望の会社に採用されて良かったねえ。この良かったねえ、の中には、家族一人一人の温もりがあるのです。自分としては、とにかく安心してもらえて良かったと思っています。

自分にとって就活とは何でしたか?

名産大サッカー部の監督さんは、品格を大事にされます。品格は、マナーとも、礼儀とも読み替えることができます。人との出会いを大事にして、目上の人には、ふさわしい言葉遣いをして。人間としての基本が、私を大手企業に導いてくれたと思っています。

小島くん、ありがとうございました。新人賞獲得に向けて、ぜひ頑張ってください。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是?お越しください。お申し込みはこちらから。