高木学長先生が台湾の姉妹校「育達科技大学」の20周年式典に参加

愛情教育を実践する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANの高木学長先生が台湾にある姉妹校「育達科技大学」の20周年式典に参列した様子をお伝えします。

育達科技大学の20周年式典に参列

名古屋産業大学と学術交流協定を結んでいる台湾の姉妹校・育達科技大学が創立20周年を迎え、高木学長先生が記念式典に参列しました。

式典は台湾苗栗県にある育達科技大学(王育文理事長)のキャンパスホールで、学生たちが歌や踊りで20年の歴史を紹介するミュージカルで華やかに開幕しました。王育文理事長の式辞の後、高木学長先生が「創立20年、おめでとうございます。育達科技大学と名古屋産業大学は、歴史的にも兄弟のような関係にあります。今後も交流を深めて、両大学の発展に努めたいと思います」と祝辞を述べました。


この後、式典の参列者は、達科技大学の20年の歩みを紹介する大学歴史館を見学、高木学長先生をはじめ海外の来賓らが、キャンパス内の広場で植樹をして、創立20周年を祝いまいした。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是?お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。