ビジネス心理コース 「心理学基礎実験」の授業紹介?

「心理学基礎実験」では,3回目の実験を実施しました。パーソナルスペースを測定する実験です。人のパーソナルスペースは,円形ですが正面や前方が大きくなる傾向があることが明らかにされています。正面が大きくなるのは,アイコンタクトの影響が考えられます。 今回は,正面を向くときには顔をうつ向きにしてアイコンタクトの影響を失くして実験を行うことにしました。

米印の真ん中に,顔見知りの他者が実験者の指示によって8方向のいずれかの向きで立っています。その人(ターゲット)に向かって近づいていく場合,接近者はどの程度ターゲットまで近づくことができるでしょうか(接近条件)。また,米印の真ん中に立ち実験者の指示によって8方向のいずれかの向きで立っているターゲットは,顔見知りの他者が接近してくる場合,どの程度近づくことを認めるのでしょうか(被接近条件)。

仮説を立てたら,グループでいざ実験です。

本来の実験では,実験者が一人でデータを収集していきますが,本授業では実験の進め方も学ぶため,実験者,実験参加者,記録者それぞれの役割をグループ間で交代して実施します。

年明けには,データ集約と分析を行います。さて,仮説は支持されたでしょうか。

ビジネス心理コースのカリキュラムは、心理学理論と研究法の実践の両方をバランスよく、順序・系統立てて学ぶ、認定心理士資格対応の科目構成となっています。社会で役立つ心理学を学ぶならMEISANDAIのビジネス心理コースです。

MEISANでは様々な学びの取組みを行っています。さらにMEISANの学びをより詳しく知りたいと思った皆さんは、オープンキャンパスに是?お越しください。当日はキャンパスツアー、人気教員による体験授業、学生に好評のランチ体験などを行います。是非ご参加ください。お申し込みはこちらから。

ビジネス心理コースについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。