第30回全日本女子学生 ウエイトリフティング選手権大会優勝の山本真鼓選手を表彰

愛情教育と実践教育で学生を応援する名古屋産業大学(MEISAN)。そんなMEISANには様々な形で活躍する学生がたくさんいます。今回は先日行われた 第30回全日本女子学生 ウエイトリフティング選手権大会において、63㎏級で優勝した4年生の山本真鼓選手が優良学生表彰されましたのでレポートします。

第30回全日本女子学生 ウエイトリフティング選手権大会優勝の山本真鼓選手を表彰

山本さんは、平成30年4月27日~4月29日に開催された第64回全日本学生ウエイトリフティング個人選手権大会と第30回全日本女子学生ウエイトリフティング選手権大会に出場し、第30回全日本女子学生ウエイトリフティング選手権大会の63㎏級で優勝しました。
優良学生表彰の場では、山本さんからこれからの大会に向けての意気込みが語られ、本学の高木弘恵学長から記念品が手渡されました。山本さんおめでとうございます。

山本さんの成績


日本ウエイトリフティング協会提供

・スナッチ      88kg (1位 大会新記録)
・クリーン&ジャーク 114kg(1位 大会タイ記録)
・トータル      202kg(1位 大会新記録)
山本さんは3年連続での全日本女子学生ウエイトリフティング選手権大会優勝です。

MEISANのウエイトリフティング部の様子については「【2020年を目指す人】名産大ウェイト娘、めざすは2020」で取り上げています。詳しくは~前編~~後編~をご覧ください。

また、MEISANでは多くの部活やサークルが活動しています。さらにMEISANの部活やサークルについて詳しく知りたい方はこちらを見てみてください。