現代ビジネス学部現代ビジネス学科
医療情報管理コース

医療現場と病院経営をデータとマネジメントでサポートする
医療事務のプロをめざします

情報管理と経営マネジメントで医療現場のスムーズな運営をサポート


医療現場では近年、医師や看護師など、専門家の確保がますます難しくなっています。そのような状況の中で、優れた情報処理能力をベースにさまざまな運営提案ができる医療事務のプロフェッショナルがこれまで以上に必要とされています。医療情報管理コースでは医療情報の管理資格である「診療情報管理士」をめざすカリキュラムに加え、データを活かした経営マネジメントの能力や社会人基礎力を養う本学独自の学びを通して、組織運営や経営判断に関わることのできる力を身につけます。

めざす将来

情報管理を通して医療の現場と直接関わる

医療提供施設職員(病院・薬局など) など

システムを使って医療を発展させたい

医療システム開発会社 など

この授業がすごい!

Lesson 1

診療情報管理

診療記録には、患者・病院・医師にとっての価値、また公衆衛生上の価値などがあります。そのような診療情報を管理する上で、診療記録の記載や保存に関する法規、守秘・個人情報保護に関する法規、電子化への対応についての知識を習得します。

Lesson 2

診療報酬請求論

病院管理を考える上で必要な診療に対する報酬の仕組みを知り、その病院経営における位置づけや、どのような影響があるのかを理解します。

Lesson 3

臨床医学

診療情報を活用するための国際疾病分類を行うには、医学に対する広い知識が必要となります。臨床経験豊富な医師から、内科・外科を始めとする実際の医療の現場で接する病態や生理について学びます。

Lesson 4

国際統計分類

臨床医学などで得た知識をもとに、診療情報管理士に必要な死因・疾病に係る国際的な統計分類を行うコーディング能力を身につけます。


さまざまな角度から情報管理を学ぶ!

診療情報管理の業務は、縁の下の力持ち。さまざまな専門職から感謝される仕事でもあります。そのためにも周囲を見る力、思いやる気持ちを育てる教育にも力を入れています。もちろん、専門的なスキルを身につけるためには、医師や診療情報管理士など現場経験の豊富な有資格者が指導を行います。私たちはチームでみなさんを育てます!楽しみにしていてください!

こんな資格が取れます!

診療情報管理士
医療機関における患者のさまざまな診療情報を中心に、人の健康(health)に関する情報を国際統計分類などに基づいて収集・管理するための専門的な資格です。本学では、卒業までに診療情報管理士の受験資格を取得できます。
登録販売者
小売店で一般用医薬品の販売ができる医薬品販売専門資格です。2009年の改正薬事法により新設されました。それまで、医薬品を販売できるのは薬剤師か薬種商のみでしたが、薬種商資格に替わって誕生しました。
診療報酬請求
事務能力認定試験
病院、診療所の受付会計業務に活かすことができる資格です。診療報酬請求業務の資格の中では最難関とされていますが、学科問題と、レセプト作成という実技で構成され、就職活動をする上でのアピールになる資格です。
医師事務作業
補助者
「医師事務作業補助者」は、医師の事務をサポートする仕事で、診断書・電子カルテの入力、書類作成、検査予約などが、主な業務内容です。資格を持たなくてもできる仕事ですが、資格を取ることにより、理解度が深まりスキルの向上に繋がります。

他にも 医科医療コンピュータ検定/電子カルテ技能検定/がん登録実務初級者認定試験 など

My favorite lesson is

カルテの管理は医療事務の基本。
パソコンを使う授業が楽しい!

My recommend is

いろいろなコースの友達から自分の専門以外の知識がたくさん聞けるのもプラス!

先生と学生の本音トーク

田中 心暖さん
愛知・聖カピタニオ
女子高等学校 出身

併任准教授 塚本 佳子先生
(担当コース:医療情報管理)
医療事務として勤務後、企画会社を経て、大学・専門学校での医療事務関連、接遇マナー講師を経験。

田中さんは、入学当初やや人見知りする印象でしたが授業にはなれましたか?

コロナ禍で不安はありましたが先生の体験談やアドバイスが勉強へのモチベーションにつながっています。

「目標に向かって今できることをコツコツ続けること」
…というアドバイスでしたね。

はい。
先輩方も資格取得をめざしてがんばっていると聞くので私もそうなりたいです。

田中さんは、学んだことをしっかり吸収して前進していますよ。
優しく気遣いもできるところがとても素敵です。

ありがとうございます!
よく笑う明るい先生の授業は楽しいです。
丁寧な説明でわかりやすいです。

あら!嬉しい!
これからもなんでも相談してくださいね。