教務課

暴風警報・災害時の休講

愛知県尾張東部に「暴風警報」が発令中の場合、次の基準により休講となります。
なお、愛知県尾張東部とは次の市町村いずれかを指します。
尾張旭市、名古屋市全域、瀬戸市、長久手市、日進市、東郷町、豊明市、春日井市、小牧市、犬山市

(1)授業の場合

警報発令解除 授業開始時限
午前7時までに解除 1時限目から実施
午前7時から午前10時までに解除 3時限目から実施
午前10時以降に解除 全時限休講

(2)試験の場合
定期試験および追試験・再試験中に「暴風警報」が発令された場合には、(1)の表を準用し、試験の実施を中止します。なお、中止した試験の実施日時については、警報の解除・安全情報発令日の翌日に掲示で表示します。

(3)「地震災害に関する注意情報」が発令された場合の授業および試験の 取扱いについては、(1)(2)の基準を準用します。

交通スト時の休講

学生のみなさんの交通機関の利用状況を考慮して、交通機関がストライキを実施した場合以下の基準により休講措置をとるものとします。

(1)名古屋鉄道、名古屋市営交通、JR東海(東海道線・中央線)の4交通機関のうち、1交通機関以上が  全面ストライキを実施した場合、次の基準により休講とします。ただし、部分ストライキ・改札ストライキ等実施の場合は下記の措置をとりません。

ストライキ解除時刻 授業開始時限
午前7時までに解除 1時限目から実施
午前7時から午前10時までに解除 3時限目から実施
午前10時以降に解除 全時限休講

(2)試験期間中の交通機関のストライキについては別途措置します。

オフィスアワー

オフィスアワーとは:学生の皆さんが授業時間以外に、履修科目等についての質問・意見を自由に担当教員の研究室を訪ねて行える時間です。それぞれの教員が上記に設定した時間において研究室を開放しています。授業の質問以外でも気軽に相談ができますので、このオフィスアワー時間帯を積極的に活用してください。

休学・復学

 休学(学則第26条~27条)
(1)休学する場合は、本学所定の「休学願」に保証人連署のうえ、教務課を通して学長に願い出てください。
(2)休学期間は1年以内とします。ただし、特別の事情がある場合は、引き続き通算4年を限度に延長が認められる場合があります。

 復学
(1)休学の事情が解消して復学する場合は、本学所定の「復学願」に保護者(保証人)連署のうえ、教務課を通して学長に願い出てください。
(2)復学後の諸手続きは、その都度連絡します。

退学・転学・除籍

 退学(学則第30条)
退学する場合は、本学所定の「退学願」に保証人連署のうえ、教務課を通して学長に願い出てください。

 転学(学則第29条)
(1)他の大学へ転入学を希望し退学する場合は、本学所定の「転学願」に保証人連署のうえ、教務課を通して学長に願い出て  ください。
(2)許可を得ずに他大学に転学した場合は、本大学の学生としての身分を失うこともああります。

 除籍(学則第31条)
下記の事項に該当する場合は、学籍から除くことがあります。
1.学費等を納入しない者
2.成業の見込みのないと認められる者
3.在学年限(8年)を超えた者
4.休学期間を超えても復学できない者
5.長期にわたり行方不明な者

試験について

試験には、定期試験・追試験・卒業再試験がありますが、授業担当者によって、中間試験及び講義内試験、または学生の出席・学修態度などの平常点によって評価する場合があります。

定期試験
 試験日程・時間割
定期試験には8月に実施する春学期末試験と2月に実施する秋学期末試験があります。試験日程は学年暦に記載されています。また、時間割は試験期間前に掲示されます。試験時間は原則60分ですが、90分の場合もあります。試験は原則として通常時間割で実施されます。

 実施方法
筆記試験、口頭試験、作品提出またはレポートにより行われます。

 受験資格
(a)履修登録がなされていること。
(b)授業回数の1/3を超えて欠席した場合は受験資格を失うことがあります。
(c)学生証を保持していること。
(d)授業料などの納付が所定手続き通り行われていること。

 受験の主な注意事項
(入場)
受験者は余裕を持って試験場に入り、監督者の指示に従って下さい。また、座席指定表に従って着席してください。

(遅刻・途中退場)
試験開始後20分以上遅刻した者は、その時間の試験を受けることができません。また、 試験開始後30分以内は退場できません。

(学生証の携帯)
受験時には学生証を必ず携帯しなければなりません。不携帯の場合は受験が認められませんので、教務課窓口で学生臨時証明書の発給を受けてから入場して下さい。

(学生証の提示)
受験中は、学生証の氏名・写真面を表にして、監督者が見やすいように、机の上の右または左の前に置かなくてはなりません。

 レポートの提出について
試験としてレポートを提出する場合は以下の事項について注意してください。
(a)レポートはインク、ボールペン(黒か青)、ワープロ、またはそれに準ずる物を使用して、 ステープラやひもなどで綴じてから提出すること。枚数、様式等は、担当教員の指示に従うこと。
(b)レポートには必ず表紙をつけて、そこに科目名、担当教員名、レポート題名、学籍番号、氏名を記入すること。
(c)レポートは指定期日・日時までに提出すること。
(d)レポート提出先
   提出先が教務課とある場合には、教務課に提出してください。なお、郵送によるレポート提出は一切受け付けませんので注意してください。提出先が担当教員とある場合は、担当教員に直接提出してください。この場合、途中の事故を防ぐため教務課では一切受け取りませんので、担当教員の指示に従って下さい。

成績について

(1)成績の基準
成績は60点以上を合格として、評価は下記のとおりです。

  点数 評価
定期・追試験 100~90点 S(※)
89~80点 A
79~70点 B
69~60点 C
59点以下 D
未受験
失格(欠席過多) F
再試験 60点以上 C
59点以下 D
未受験

※S評価は平成20年度以降の入学生より適用
 平成19年度以前は100~80点 A

(2)成績の発表
成績発表は個別に成績表配布にて行います。配布日時に着いては掲示します。

教育職員免許状取得について

中学校及び高等学校の教育職員となるためには、教育職員免許状が必要です。この免許状は、教育職員免許法などの規定に従い、文部科学大臣の認可を受けた大学で所定の単位を修得し、手続きを経て交付を受けることが出来ます。本学で取得できる免許状の種類等は下記の通りです。

学科名 中学校教諭
一種免許状
高等学校教諭
一種免許状
現代ビジネス学科 社  会 公民・情報・商業

※詳細は教務課にて確認してください。